ニュース

プレスリリース

関係者各位

平成28年4月7日

EDSA認証2.0.0にいち早く対応 ISASecure EDSA2.0.0 CRTツール認定を取得 
「beSTORM EDSAパッケージ」をバージョンアップし販売開始

 株式会社アイユート《東京都武蔵野市中町1-22-5》は、EDSA認証CRTツール「beSTORM」のISASecureによるEDSA認証2.0.0対応ツール認定を取得し、EDSA2.0.0対応版の販売、および既存ユーザへのバージョンアップの提供を、本日より開始いたします。

 EDSA認証は、ISASecureが実施する制御システムのセキュリティ強化の認証規格で、多くの企業が取得への取り組みを始めています。「beSTORM」は、認証取得の際に必要なCRT(Communication Robustness Test)のISASecure認定ツールです。このたび「beSTORM」は、2016年7月に変更が予定されているEDSA2.0.0への対応を完了し、ISASecureによる認定を取得いたしました。本日より販売を開始し、EDSA認証2.0.0への早期対応をバックアップいたします。また導入済みユーザ様へのバージョンアップ提供も、本日より開始いたします。

 「beSTORM EDSAパッケージ」には、ファジングテストツールとして実績のある「beSTORM」のテスト機能を使い、EDSA認証に必要なテストがテストセットとして収録されています。認証取得準備段階での課題の洗い出しや、申請時のテストやレポートの作成に活用することで、効率的な準備を行うことができます。

■「beSTORM EDSAパッケージ」の主な特長
○ISASecure認定 EDSA認証2.0.0に準拠
○収録テストセット
・EDSA 401 Ethernet
・EDSA 402 ARP
・EDSA 403 IPv4
・EDSA 404 ICMPv4
・EDSA 405 UDPv4
・EDSA 406 TCPv4
○アナログ/デジタル波形モニター
○テストレポート出力
○beSTORMの各ファジングテストパッケージと同一コンソールでの併用が可能(オプション)

■「beSTORM」ファジングテストの追加・併用にも対応
「beSTORM」は、独自プロトコルにも対応したプロトコルベースの動的なテストにより製品に潜む未知の脆弱性を検出するファジングテストツールとして、制御システムや組込み機器などの設計・製造プロセスで広く使われている製品です。「beSTORM EDSAパッケージ」に独自プロトコル対応や、各種プロトコルのテストを追加することも可能なため、認証用のテストと並行して独自のセキュリティテストの実施に活用していただけます。

■「beSTORM」ソフトウェア ホームページ :http://www.bestorm.jp/

■動作環境
プラットフォーム:Windows XP、7、8
メモリ:512MB以上
CPU:800Mhz以上のCPU、デュアルコア以上を推奨

■Beyond Security社について
米国・カリフォルニア州に本社を置く、脆弱性対策を中心としたセキュリティソリューションプロバイダです。「beSTORM」は、Beyond Security社の中心製品の1つであり、Intel社、Ericsson社、Microsoft社、米国・国防総省、Lexmark社、Juniper社など世界各国の政府、機械・IT等の製造業、通信事業者、多くのソフトウェアエンジニアリング環境において多くの導入実績を持っております。国内では株式会社アイユートが「beSTORM」の総代理店として窓口となり販売をいたします。

■株式会社ロックインターナショナルについて
「beSTORM」の他に、ITセキュリティの分野でホワイトリスト方式のゼロデイ型・標的型攻撃対策、情報漏洩対策を提供いたしており、官公庁、地方自治体、金融系企業、電力会社、IT・自動車・重工業等の製造系企業等への多くの導入実績を持っております。

■本件のお問合せ先:
株式会社アイユート
〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-22-5
TEL:0422-56-1917 / FAX:0422-26-8717 e-mail:info@t-aiuto.jp