beSTORM 概要

beSTORM ソフトウェアセキュリティ・テストツール

あらゆるネットワーク・アプリケーションのセキュリティテストツール、
独自プロトコルにも対応

あらゆるネットワーク・アプリケーションに対応した
包括的なセキュリティテスト

beSTORMは、開発中の製品の動的なセキュリティテストを行います。また、ネットワーク管理者が、展開を行う前にネットワーク・アプリケーションのセキュリティを検証するために使用する事も可能です。ソフトウェア品質管理部門では、アプリケーションのセキュリティテストのために数多くのツールを使用しているかも知れませんが、beSTORMだけであらゆる動的セキュリティテストを行うことができるようになります。展開前にアプリケーションを検証しなくてはいけない管理者は、自社開発プロトコルを使用したものも含め、全てのネットワーク・アプリケーションのテストを、単一のツールで行えるようになります。

beSTORMは、既に多くの国の政府や大企業で利用されており、ネットワーク機器やソフトウェアのセキュリティ上の問題点、弱点を特定するツールとして長く、確かな歴史を重ねてきました。使い方はシンプルですが、軍事機関でも採用される程の機能の高さを有しています。使いにくくサポートや実績の不十分な多数のツールの代わりに、beSTORMは、あらゆる規模の組織のソフトウェア品質管理プロセスに組み込める、標準的で信頼できる且つ繰り返し可能なセキュリティテスト・プロセスを提供します。

技術的には、beSTORMはブラックボックス方式のテストを行なうインテリジェントなファジングツールです。研究開発環境で開発中のソフトウェアのセキュリティテストや展開前のネットワーク・ハードウェアのセキュリティを検証するために使用されます。十分なテクニカルサポートが提供されます。ソースコードは不要で、まずは最も一般的で可能性の高い障害のシナリオでのテスト結果を速報します。そして更に無限に近い様々な攻撃バリエーションに範囲を拡げていきます。

ソフトウェアセキュリティ・テストに関するご質問がございましたら今すぐご連絡下さい。

お問い合わせと無料トライアルに関しましてはこちら

テストに関するご質問がございましたら今すぐご連絡下さい。